カンボジアの契約法:青いまたは黒いインクで契約書に署名しますか?

カンボジアでの契約作成のプロセスについて質問があります。 その1つは、青いインクペンまたは黒いインクペンを使用して契約に署名することが、その契約の有効性と法的強制力に影響するかどうかです。

これは、当事者が契約に署名して契約を確認し、契約を検証する慣行です。 ペンの色の使用については国ごとに異なる習慣があるため、カンボジアに来るビジネスマンは、契約に署名するために使用するペンの色が有効性と法的強制力に影響を与えるかどうかを質問する場合があります 。

カンボジアの民法典では、契約が締結され、当事者が契約の内容に同意する限り有効です。(第311条  と第336条) したがって、青いまたは黒いインクペンで契約に署名しても、契約の有効性と法的強制力には影響しません。 ただし、慣習として、契約の当事者は、カンボジアで契約を作成および施行する場合、または必要な承認か許可を取得するために権限のある当局に提出する場合は、青いインクペンを使用して契約に署名する必要です。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close